クチコミュニティ・マーケティングとは

クチコミュニティ・マーケティングは、コミュニティからファンを作り、強いクチコミシーダー(クチコミのタネを拡散する人)を増やし、紹介やリピートの増える強い会社を創るマーケティングモデルです。

 

企業に関わる人々が、「共働」のパートナーとなり、集い、知恵を寄せ合い、仲間意識を持ち、課題を解決していく方法です。

 

実務的に言うと、クチコミで売上を伸ばすための市場調査、ブランディング、デザイン、商品企画、顧客コミュニティ・コミュニケーション、人材育成等に関する「計画と実行」の総合体系と言えます。

 

顧客と共に、女性社員と共に、パートアルバイトと共に、若手社員と共に、地域の人々と共に、ひとりひとりが、「自分ごと」として企業課題を捉え、当時者意識を持つことで、社内外に仲間(コミュニティ)を増やします。それらは、4つの「共感」「共鳴」「共創」「共働」という形で実践し、相互が生き残る『共生』へと発展していきます。

当協会は、長年の実績ノウハウを一人でも多くの方々に伝え、顧客、社員、地域の人々に支持され、必要とされる企業が増えることを願い活動するものです。

ワークショップ、セミナー、事例研究と発表、また、実践トレーナーを認定し、各地で、企業内で活躍するリーダーを育成し、中小企業の事業発展と地域活性に貢献してまいります。

一般社団法人 クチコミュニティ・マーケティング協会 会長 日野佳恵子    

     

 

クチコミュニティ・マーケティングの流れ